転職

AppleJapanの在宅勤務アドバイザー(Apple at home advisor)とは?年収や面接内容と評判をまとめてみました

Apple社が自宅にいながらApple社員として働ける在宅勤務アドバイザーを募集していることをご存知でしょうか。

最近では色々な企業が在宅勤務を許可したりと多様な働き方を推進しています。以前Amazonの在宅勤務について記事にしましたが、Apple社もその1つです。

あわせて読みたい
Amazonの在宅勤務ってどんな仕事?得られる収入、口コミや評判をまとめてみました最近では在宅勤務を許可している企業が増え、有名企業もどんどん解禁しています。Amazon Japanもその1つ。自宅にいながらAmazo...

今回はそのAppleの在宅勤務について、その勤務体制や収入、評判をまとめていきます。

Appleの在宅勤務の募集内容

Apple 在宅勤務アドバイザーの募集ページ

在宅勤務アドバイザーはAppleの公式ホームページにて募集しています。dodaやマイナビでも募集がされていたので、応募はこちらからでも大丈夫みたいです。

Apple テクニカルアドバーザイ(在宅勤務)の募集があった求人サイト

Apple在宅勤務の仕事内容

Appleといえば、カスタマーサポートのホスピタリティの高さで有名です。テクニカルアドバイザーの仕事は、そのカスタマーサポートにおける顧客との最初の接点として、Apple製品やサービスによせられたお問い合わせへの対応すること。

社員として対応しますので、製品やサービスに関する知識はもちろん、インターネットや家電などに関する包括的な知識が求められそうですね。

勤務体験はパートタイムとフルタイムシフト制

勤務体制はパートタイムとフルタイムが用意されています。どちらも正社員として雇用されます。勤務時間はAppleのサポート時間内と書かれていますが、業務のニーズによってシフトが変動するらしいので、あまり柔軟なシフトは組んでくれないかもしれません。

Apple サポート時間
平日 午前9:00~午後9:00
土日祝日 午前9:00~午後6時

Appleへの問い合わせは休日に増加するため、土日祝日でも対応できるスタッフが求められるようです。サポートビジネスなので、仕方ないことですね。

Apple在宅勤務の福利厚生

雇用形態は契約社員ですが、福利厚生も充実しています。フルタイム、パートタイムどちらも有給休暇や製品割引、キャリア育成など用意されています。

キャリア育成は、今後のキャリアアップの支援をおこなってくれるプラグラムです。将来的にAppleの正社員としての契約やその他の職種へのキャリアアップも見込めるかもしれません。

Apple全体の職種【公式】

ホームオフィスの条件はインターネット環境と騒音が遮断できる部屋だけ

Appleテクニカルアドバイザーの在宅勤務時に使用する部屋の条件は、周囲の騒音を遮断できる部屋とセキュリティ面で安心できるプロバイダが提供しているインターネット環境だけです。

電話でのカスタマサポートがあるので、周囲のノイズが入らないようにする必要があります。また、快適にチャットサポートを行うためのネット環境も用意しておかなければいけません。

iMac一台とヘッドセットが支給される

業務で使用するPCは自分で用意する必要はありません。Apple社からiMac一台とヘッドセットが支給されます。

先述したホームオフィスの条件さえ満たせば、誰でも業務を始めることができるのはありがたいですね。

Apple在宅勤務で得られる収入は?

気になる収入ですが、公式ホームページには「同業他社と比較して競争力のある給与ですが、詳しくは面談の上で決定させていただきます。」とだけ記述されていて具体的な数字は明かされていません。

求人サイトdodaには、年俸360万円〜と書かれていました。前職での経歴等を考量して、多少前後するようですが、月収でいうと30万円ほどかと思います。

面接・選考の流れ

  1. 応募エントリー
  2. Web会社説明会(任意参加)
  3. 履歴書・職務経歴書をメールで送信
  4. 面接

応募エントリーは公式ホームページもしくは求人サイトから行います。説明会も定期的に開催されていますが、参加は任意です。Web上で行われるので、誰でも簡単に参加することができます。都合が合うならば参加しておくとよいでしょう。

説明会の後、履歴書・職務経歴書をメールで送信します。その内容をもとに一次選考が行われ、通過者はAppleからその旨のメールが送られてきます。

面接はビデオ形式で実施され、skypeかFaceTimeかどちらか選ぶことができます。書類選考の通過通知に送られてきたメールに返信する形で面接日時の調整とビデオツールの選択をします。

面接の内容

面接時に聞かれる内容は志望動機などの一般的な質問に加え、Apple製品・サービスに関する技術的な質問、実際の業務を想定したロールプレイングが行われるようです。

技術的な質問には、Apple製品・サービスの知識だけでなく、Webに関する基礎知識やハードウェアの基礎知識も聞かれるそうなので、単純にApple好きというだけでは難しいかもしれませんね。

Apple在宅勤務の評判・感想

リクナビNEXTがApple社の在宅勤務を経験した方に取材を行なっていましたのでいくつか紹介します。

お問い合わせ時のお客様は混乱していることや心配していることがよくあります。私はトレーニングを受け、お客様が知らないことを知っているので、事態を180度好転させることができます。お客様にとってのヒーローになれるのです。その時の気分は、とてもいいものです。

出典:https://next.rikunabi.com/company/cmi0239655056/nx1_rq0016326114/?reco=kako_ngen_reco_nitan_detail&__m=1541951672053-7158751853480733619

上記の評判はポジティブなものですが、カスタマーサポートの業務にはクレームへの対応もあるため、1人で部屋にこもって業務に当たっていると精神的にきつくなる可能性もあるという評判もありました。

良い意味で真面目すぎず、適度に息抜きできる性格な方であれば、この仕事は向いているかもしれませんね。