第二新卒

第二新卒の転職で失敗しがちな4つの落とし穴!きちんとに対策して成功率をあげよう

第二新卒での転職を検討している方を多くは、初めての転職活動という方が多いのではないでしょうか。

新卒での就職活動を経験している方でも、転職活動はまた違った準備が必要です。今回はそんな方に向けて、第二新卒の転職活動で失敗しがちな事例を紹介し、それに対する対策を解説していきます。

第二新卒の転職事情とは

第二新卒という募集枠を設けている企業が増えてきています。昨今の出生率低下と早期退職者の増加によって企業側が人手不足となっているからです。

第二新卒にとっては求人倍率をみても有利な状況となっており、きちんと対策をしていればキャリアアップや年収アップも十分に可能性があるでしょう。

しかし、楽観的になってはいけません。第二新卒は新卒とは違い社会経験や職務経験があるわけですから、それなりのハードルの高さが求められます。

しかも、第二新卒は新卒で入社した会社を早期で退職した者と見られるわけですから、面接の前にそのことも踏まえてしっかりと準備しておくべきです。

第二新卒の転職で失敗する事例

第二新卒で陥りがちな4つの失敗事例を紹介します。

他責思考な退職理由

退職する理由には人によって様々なものがあると思います。本音を言えば、会社側に全面的な非があると思っていたり、周りの人間関係に問題があると思っているかもしれません。

しかし、それを転職先の面接官に伝えてしまうと、「また同じことを繰り返すのでは?」と自分に対してもネガティブなイメージを持たれます。

新卒で入社した際にその会社を選んだのは自分だということを思い出してみましょう。

就職活動への姿勢が新卒の際と同じ

第二新卒でも、新卒での就職活動と同じ心持ちで臨む方が違います。しかし、先述したように、新卒と第二新卒では社会人経験が異なる分も求められるものも多くあります。数年間で学んだ社会人としての礼儀やマナーなど成長した部分をしっかりとアピールしましょう。

また、新卒の際と同じ姿勢で就職活動してしては、また、自分に合った仕事を見つけられず、同じ過ちを繰り返す可能性が高いです。

計画性のない転職スケジュール

計画性のない転職活動は最も陥りやすい落とし穴の1つです。思い切って転職しようと意気込み、後先考えず退職してから転職活動をする人がいますが、収入源を絶ってしまうと、状況が変わり、生活をするための収入を得るために転生先を妥協したり、精神的にも追い込まれる可能性が高くなります。

軸となるビジョンや将来のキャリア観がない

面接の際に必ず、今後のビジョンに関することが聞かれます。その際に一貫した展望がないと、「血胸やりたいことがないから辞めてしまうのでは。」、「うちに来てもまた転職するのでは。」と思われます。

また、新卒とは違いある程度業務経験があるため、仕事に対する理解も積んでいると思われています。その中で、自分が一体どういうことに向いているのか、どういうことに向いていないのかしっかりと答えられるようにしておく必要があります。

第二新卒の転職で成功率をあげるポイント

では、どのような準備をしておけば成功の確率のあげられるのでしょうか。失敗しないコツを4つに分けて紹介します。

現状を理解し、客観的に自己分析する

まずは、しっかりと自分の置かれた状況を整理しましょう。必ず客観的に分析するようにしましょう。主観的になるとどうしても楽観的になったり、逆に悲観的すぎたりします。

第二新卒として求められている点、自分がアピールできる過去の職歴や実績、なぜ自分は今の会社を辞めたいのか、など紙に書いて整理するのも良いかもしれません。

ネガティブな退職理由もポジティブに言い換える

ネガティブな発言ばかりしていても何も変わりません。企業側は何か問題があれば、それを解決してくれる人材を欲しがっています。
面接官も前職で何かしらの不満があって転職を選んだことは理解しています。その中で、ネガティブなことをどう前向きにとらえ、今後に生かすのか話しましょう。

転職面接の上手な伝え方に関してはこちらが参考になります。

https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/nisotsu/03

計画的な転職スケジュールを作成する

転職は内定が出てから、現職を退職するようにしましょう。経済的にも精神的にも安定した状態で転職活動に臨むことで、落ち着いてよりよい転職先をみつけることができます。

具体的には、転職活動の開始から3ヶ月を転職活動期間とし、会社選びからエントリー、内定、退職日を決めていきます。

退職の際は業務の引き継ぎや残った有給休暇の消化がある人多いと思いますので、そのことも踏まえてスケジュールを組みましょう。

また、気をつけなければいけないのが、退職の告知のタイミングです。雇用規定に記述があると思いますので、きちんと調べておきましょう。

将来のキャリアやビジョンの軸を決める

数年の社会人経験を経て、自分に合った仕事もしくは自分がしたくない仕事というのが見えてきたと思います。新卒の際はわかりづらいものですが、今ではきちんと整理できるはずです。

再び同じミスマッチを起こさないためにも、将来のキャリアやビジョンを決めておきましょう。考え方のコツはまずやりたくないことから紙に書いていくことです。

そうすると自ずと自分の仕事選びの基準やビジョンが立体的見えてきますので、あとはそれを言葉にするだけです。

第二新卒におすすめの転職エージェント4選

第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。

ハタラクティブ

第二新卒・既卒専門の転職エージェントで、歴史ある信頼性の高いエージェントです。コンサルタントの質も安定して担保されていると言われ、キャリア相談や職務経歴書や面接対策までサポートしてくれます。

https://hataractive.jp/

ウズキャリ第二新卒

株式会社UZUZが運営する第二新卒・既卒専門の転職エージェントです。無料の就活サポートもあるので、まずはどんな企業があるか紹介してほしいという人におすすめです。

カウンセラーは全員第二新卒、既卒での転職経験者というのも頼もしいポイントです。

http://daini2.co.jp/

マイナビジョブ20’s

おなじみの「マイナビ」や「マイナビ転職」を運営する株式会社がマイナビワークスの20代・第二新卒特化の転職エージェントです。

募集企業からの信頼が厚く、掲載企業が豊富です。アドバイザーによるキャリアカウンセリングも受けられます。

https://mynavi-job20s.jp/