転職

転職面接に最適なインナーは?夏でも清潔感を感じさせる選び方を紹介

転職面接で何を着ていけば良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?せっかく書類選考を通過したのに、面接の服装で失敗したくありませんよね。

特に女性の場合、スーツのインナーはシャツ・ブラウス・カットソーなど選択肢が多くてどれを着ていけば良いのかわからなくなりがちです。

今回はその転職面接で失敗せず、好印象を与えるインナーについてお話をします。転職面接のインナー選びに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

転職面接で好印象を与える服装とは?

転職面接でまず大切なのが”第一印象”です。第一印象が良いと、その後の面接での受け答えでも良いイメージを受けてもらいやすくなります。

その第一印象を大きく左右するのが服装などの身だしなみです。最適な服装選びを行なっていれば、面接で優位でも立てるのでここでしっかりと整理しておきましょう。

清潔感

清潔感のある服装は面接官に好印象を与えます。少し抽象的な表現ですが、シャツがシワやシミがついておらず、きちんとクリーニングされていることやTPOをわきまえたトータルコーディネートなど社会人として良識のある服装であることをいいます。

業界に合わせることも必要

清潔感のお話の際にTPOをわきまえた服装と言いました。ただ、業界によって、そのTPOは変わってきます。普段の業務でもスーツの着用が義務である業界もあれば、ビジネスカジュアルでOKな業界もあります。

服装に関してカジュアルな業界なのに、極端に硬い印象を持つ服装で面接に行くと、面接官にミスマッチな印象を与える可能性があります。事前にしっかりとその業界のTPOを調査しておきましょう。

清潔感を感じるインナーの選び方ー夏編ー

夏場はクールビズを実施している企業も増えています。面接に入るとジャケットを脱ぐことを許される場合もありますので、インナーにも気を配りましょう。

男性の場合は薄手の長袖ワイシャツ、女性の場合はブラウスかシャツがを着るのがベターです。

男女共カジュアルな印象を与えるカットソーやTシャツは避けた方が良いでしょう。

半袖のインナーでも大丈夫?

上述したように半袖のシャツなどはカジュアルな印象を与えますので、避けた方が無難です。夏場で言えど、許可がない限りジャケットは着ていくべきです。

インナーに半袖を着用すると、ジャケットの袖から手首が見えることになり、マナー違反に取られる場合があります。

清潔感を感じるインナーの選び方ー冬編ー

冬場でも面接室への入室時にコートは脱ぐのがマナーです。ジャケットの下に着用するインナーも目につきますので、面接にふさわしいものを着用しましょう。

いくら寒くても重ね着しすぎやニットなどは禁物です。通年通り、襟付きのきちんとしたワイシャツを着ていきましょう。

インナーにニットを着るのはあり?

冬場でもニットはおすすめできません。面接のマナーとして襟付きや女性であればカットソーやシンプルなデザインのブラウスを着用するのが無難です。

どうしても寒い場合はデザインがシンプルなものを選びましょう。

転職面接で気をつけたい身だしなみチェックリスト

インナーのほかに面接官に大きな印象を与えるチェック項目を挙げておきます。意外と見落としがちなので、あわせて確認しておきましょう。

ネイル

ネイルは細かな部分まで気を配っているように思う人もいるかもしれません。しかい、転職面接においては、ネイルはしていない方がよいです。

特に接客業や飲食業界などでは、衛生面に気をつけなくてはなりません。面接官もチェックしていると思いますので気をつけましょう。

アクセサリー

アクセサリーもつけない方が無難です。特に男性は軽いイメージを持たれかねませんので、ピアスやネックレスはやめておきましょう。

女性の場合はそこまで派手でない限り、着用しても問題ありません。新卒面接とは違いますので、ワンポイントのネックレスで個性を出すのも良いかもしれません。

髪型・髪色

清潔感のある髪型に整えていくのがベターです。頻繁に髪をかきあげたり、目に前髪がかかっていたりすると清潔感がないと思われます。

美容院に行くタイミングは1週間前がベストです。髪色を染めている方が転職活動を機にダークトーンにする場合もあると思います。あまり美容院に行くタイミングが早すぎると、色が抜けてきたりするので、1週間くらい前に予約をいれておきましょう。

転職面接におすすめのインナーまとめ

転職面接に最適な服装をしっかりと準備しておけば、面接時の自信にもつながります。清潔感を与え、面接を優位に進められるだけでなく、自分自身も自信をつけることで緊張をほぐすことができるはずです。きちんと準備して、ぜひ転職活動を成功させてください。